PC版、XBOX360版のゲームについてのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※サムネイルサイズのテスト。(後程削除)
[size test]の続きを読む
スポンサーサイト
WS000000.jpg
※注:DRIFT中ではなく、単なるブレーキングミスw

夕食のちゃんぽん&チャーハンで満たされ今夜もコタツ星人と化してしまって、目が覚めたのが1時半。合同練習し損なってしまった・・・(´・ω・`)
いかんとは思いつつ、あの瞬間って幸せなんだなぁ、これがw
中途半端な時間に目が覚めたけど、そのまま寝るのも勿体無い気がしてセッティングを煮詰めながら周回を重ねてみる。

とりあえず車種はFRのXRTでいく事に。
WS000003.jpg
う~ん、乗れてない。。。ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ダメダアーーー
それでも少しずつタイムが上がってきて、PBとほぼ同じタイムも出るようになった(でも遅いw)。まあレースペースはそれより1秒ほど落ちるので、あくまで無理しない走りを維持するしかないかな。それと何故だかハンデを背負った時のタイム差がそれ程大きくない。良い具合に重量バランスが取れているという事なのか・・・。
問題は今回の場合、連なって走る練習があまり出来ていないという事。
対FXOという点に於いては全く対処できていない。いや、手に負えないだろうからこのまま特に考えない方向でいくとしようw
せめてPIT戦略をどうしようか、ぐらいは考えておこうか。

今回はハンデ戦。
位置的には後ろの方を走る事になるだろうな~。
WS000004.jpg

大きく分けて6ヶ所しかコーナーがないこのコースをどう走るか。
今度こそフルグリッドになるといいな。

LFSC7第3戦、本番はいよいよ明日
imageD1

4月にWHRT主催のD1GPが開催されるようですね。

それを知って「おっ!」と思いましたが、参加の予定は無いです。
理由は簡単。

ドリフト出来んw

と言うか、真剣に取り組んだ事がないんですよね。
今じゃとてもリアルでやる訳にもいかないので、こういう世界でなら痛い出費もないし少しずつ練習してみようかな・・・って思ったり。Youtubeなんかを見てても、LFSにおいてはドリフトって定着しているんだなあって感じます。そうなるとドリフト主体で楽しんでいる人にとってはサーキット以外にも公道コースの導入を熱望しているかもしれませんね。スキンにしてもドリフト人気が窺えるし、ひょっとしたらS3への影響もあるかも?
XR GT TURBO

LFSC7第3戦の舞台、BLACKWOOD。
デモ版では唯一走れるサーキットなので、LFSをやっている人なら誰もが走った事のあるコース。ただS2購入後はそれ程走る機会がなくなるので少しだけXRTで走ってみる。

それぞれのコーナーの特徴は頭に入っているし、他のコースよりも勘を取り戻すのに苦労しないが、熟練度の違いで差が出てくるだろう。

さて、今度のレースは1名乗車のハンデ戦。
どうせ乗せるならおっさんよりも女の子の方がいいw
で、問題はどの位置に乗せるか・・・。
今度は練習しとかないと悲惨な内容で終わってしまいそうだ。

それと、もう1つのポイント

LFSC初の強風

このコンディションで走ること自体初めてかもしれない。
車種・セッティング・ハンデ・強風・戦略、様々な要素が入り混じり、見所満載のレースとなるか?

LFSC7 第3戦まで あと 7
LFSC7 Round2

3/15に行われたLFSC7第2戦のレースレポート。

コースは1周1分弱という非常に短いAston cadetのリバースを26周(無風)。
ここはコース自体は短いけれど、起伏のある路面、そしてラグナセカ張りの高低差があるコーナーが存在する前半区間、そして鋭角的なキツイコーナーの連続の後半区間とステア操作が忙しい。

開幕戦終了後、Warrenさんと練習する機会があって色々とアドバイスを頂いた。その時はFFのFXOで走っていたのだが、とにかく左フロントタイヤの磨耗が激しい。セットよりも走り方に問題があるという事で、低速区間でのアクセルワークに気を遣って練習してみるがなかなか巧くタイヤを持たせる事が出来なかった。この時点ではまだ使用車種は決めていなかったけれど、結局それ以来練習出来ていなくてXRTには殆ど乗っていなかった為、今回はFXOでタイヤマネージメントを課題にして挑んでみた。
FXO


[◆◆◆LFSC7 Round2◆◆◆]の続きを読む
先程第2戦が終了しました。
簡単に結果のみUP。

速報


車両:FXO
参加台数:16台
予選 3位
決勝 3位



今回は画像のとおりFFのFXOを使用。
諸々の理由はあったけれど、課題だったタイヤの使い方に関しては・・・

全く話にならない走りになってしまった(-ω-;)
以前から改善しなきゃ、と思っている悪い癖も直っていないし。
FXOは性能の点で優位にあるっていう面を度外視して、タイヤを巧く使う練習が必要だなぁと痛感したレースとなりました。

またしても追うより終始突っつかれる展開だったし・・・。
くそ~、次こそは!

あ、次、ハンデ戦だw
3/1、国内・海外で様々なカテゴリーのレースが開幕を迎える中、日本でもLFSでオンラインレーサー達が集うチャンピオンシップ「LFSC」も新たなシーズン7が幕を開けた。
LFSC7_Round1_Top

開幕戦の舞台となるのは「FERN BAY-GREEN TRACK(S)」
FERN BAY-GREEN

多種多様のコーナー、そして高い縁石が特徴のちょっと意地悪なレイアウトのコース。アプローチをミスすれば即クラッシュに繋がる危険なコーナーも2つあり、ピットでのロスを避ける為にも集中力を切らさない走りが要求される。

本番までにLFSC鯖ではたくさんの人が走っていたのでフルグリッドになるだろうという予想に反し、今回の参加者は15人。ちょっと寂しい・・・。
また使用する車種について前々日まで迷っていたが、PONGEさんのTAでのタイムを見てFRのXR GT TURBO(XRT)で挑む事にした。ただ、タイムではFFのFXOよりレースペースで2秒近く遅れるのが判っていたので、とにかく暴れないソフトな仕上がりにし、ムラの無い走りに徹底するよう心掛ける。それでもXRTはアクセルコントロールが難しいのよね。。。
[◆◆◆LFSC7 Round1◆◆◆]の続きを読む
つい先程LFSC7の開幕戦が終了。

ここでは簡単に結果のみUPし、私の視点から見た詳細なレースレポートは今週末に纏める事にします。今までよりも少しは時間短縮出来る・・・と、思いたいw

LFSC7_Round1


車両:XR GT TURBO
参加台数:15台
 予選 7位
 決勝 6位


結局PONGEさんには全く届かず・・・(´・ω・`)
ま、こんなもんでしょ(ホントは(ノД`)シクシク)

さて、とりあえずリプレイ見なきゃ。。。
皆さん、乙でした~
2007年3月、人の動きが多いシーズンに合わせてLFS専用blogもこちらに引越し。
タイトルも変更し、心新たな出発です。
今まで「Heaven's Hill」をご覧になって頂き、ありがとうございました。
こちらでも変わりなくお付き合い下されば、と思います^^

さて、1発目のレースレポートは7シーズン目となるLFSCの開幕戦を予定しています。
うかつにもコタツで寝てしまって、起きたら夜中1時半。
合同練習し損ねちゃった・・・。最近このパターンが多いんです^^;

先程TAを見てみたら、PONGE21さんがXRTで1分19秒台のタイムを叩き出していてビックリ!
PONGEさん相変わらず速~っ。PONGEさんとはGTRカーの頃から一緒に走っているし、その速さ・巧さを知っているだけに常に意識している存在なのですが、毎回タイムでは負けていますw
ただ、開幕戦の舞台ではFFとFRのタイム差が大き過ぎて、XRTではかなり苦労しそう。(WRでも1秒4の差)
まあ、毎回ですけどw
どうやらWarren大尉も復活するようだし、ガンガン踏んでいけるFXOでいこうかしら・・・と浮気心が出ていた頃にこのTAのタイム。


やはり FR で逝きます!(`・ω・´)

XR GT TURBO




そして散ります(ぉ
※メモ的に。思いついたときに更新。

■音楽系■

DEF LEPPARD
VIVIAN CAMPBELL
BOW WOW
西山 毅
BLIZARD
浜田麻里

■WEB作成関連■

71Tips WEB作成支援
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。